ブランディングとマーケティング
ブランディング会社&資格講座

ブランディングとマーケティングの違い

ブランディングの意味・使い方とは何か


ブランディングとマーケティングの違いを動画で解説


マーケティングの捉え違いとは

 ブランディングとマーケティングの違いについて、勘違いが多いのは、そもそもマーケティングについての誤解が多いからです。マーケティングという言葉を使う時には、注意してみてください。なぜなら、相手によって、言葉に対する認識が違うからです。実際に、企業のマーケティング部の活動は、会社ごとに異なります。では、マーケティングを認識している層は、どのように分類できるのでしょうか?

  • 1つ目は、マーケティングを市場調査・分析のことだと認識している層です。新商品開発を行っている部署の方は、こちらの捉え方をしている方が多いです。
  • 2つ目は、マーケティングを広告・宣伝と認識している層。営業企画室や宣伝部門の方は、こちらの認識が強いでしょう。
  • 3つ目は、広告・宣伝に加え、営業も含めてマーケティングと表現している層。経営企画室の方に多い認識の仕方です。
  • そして、4つ目が専門的なマーケティングの意味として、世界標準と言える概念です。その最も広く知られているフィリップ・コトラー氏によるマーケティングの定義をウィキベテア様から引用させて頂きます。
「マーケティングとは、製品と価値を生み出して他者と交換することによって、個人や団体が必要なものや欲しいものを手に入れるために利用する社会上・経営上のプロセス」である。
(引用元:ウィキベテア

というように、もはや商売全般を指し示しています。

 ですから、ブランディングとマーケティングの違いを正しく理解するのであれば、まずマーケティングの定義を4つ目で解釈する必要があります。その他3つの解釈は、マーケティングを片寄って捉えることになり、それに併せてブランディングの定義も誤って捉えてしまう傾向があります。


ブランディングとマーケティング戦略の関係

 マーケティング戦略の1つとして、ブランディングが存在します。ブランディングの意味は「刻み込まれる価値を最大化すること」です。そのため、ブランディングを行い、ブランド価値を高めることに成功していれば、その他のマーケティング活動の費用対効果と労力対効果、スピード、精度などが大きく伸びるということが言えます。つまり、その他、マーケティング活動にかけたコストや労力が報われるために、企業ブランディング・パーソナルブランディングは欠かせないのです。

ブランディングとマーケティング

ブランディングと
マーケティングの関係


ブランディングとマーケティングよくある勘違い

「マーケティング=自社は丁寧な会社です」、「ブランディング=あなたの会社は丁寧な会社ですね」といった例で、ブランディングとマーケティングの違いを解説している記事をところどころで目にしますが、それは勘違いを誘発します。それでは、マーケットリサーチや口コミマーケティング、セルフブランディングという言葉と矛盾が生じます。


ブランディング会社とマーケティング会社

 ブランディング会社一覧ページに挙げているブランディングを支援する会社の種別をご覧になって頂ければ、マーケティング会社とも言える職業ばかりです。それは、マーケティング戦略の1部、しかもその全体に影響を与える位置づけにブランディングが存在しているからです。
 例えば、WEB制作会社はマーケティングを支援している企業の1つです。しかしながら、ただ顧客から与えられた文章や写真をホームページとして制作するだけの業者も多いのではないでしょうか?その一方で、ターゲティングやブランドコンセプトなどのブランディング戦略や、競合調査をした上でのデザイン案やより認知度を上げるための広告・SEO対策案などの戦術手法の提案をするWEBブランディング会社もあります。どちらの方が、マーケティングの費用対効果を高めることができるかは明らかです。

問いかけ

 文中の「ブランディングに成功していれば、その他のマーケティング活動の効果が大きく伸びる」について、自社での例を挙げるとすれば、どのようなことが思い浮かびますか?


ブランディングの使い方|ブランディングの意味とは何か

ブランディング戦略・手法

ブランディングの意味とは何か


ブランディングとは


ブランディングMENU
ブランディング 意味 とは

ブランディングの意味とは

「ブランディングとは刻み込まれる価値を最大化すること」という定義が、ブランディング活動を強化し、ブランド価値を高める。その理由とは?

ブランディング実務士®資格講座

ブランディング資格講座

基礎から学ぶBasicコース、実践力を磨くブランディング実務士®資格講座。どちらも、ブランディングとWEBマーケティングが両方学べます。

ブランディング会社に依頼する

ブランディング会社に依頼する

企業ブランディングを実施する時、関わるブランディング会社の種類は多岐に渡ります。一般社団法人なので、重複するコストや時間を削減できます。

ブランディング相談

ブランディング相談

ブランディング実務士®有資格者に、御社のブランディングについて面談形式で相談することができます。遠方の方は、Zoomでのご面談も可能です。

インナーブランディング研修

インナーブランディング研修

ブランディング実務士による講師派遣型インナーブランディング研修です。効果は、経営者感覚を身に付ける、主体性向上、チームビルディングなど。

ブランディングセミナー

ブランディングセミナー

日々の努力が報われる。マーケティングの費用対効果、労力対効果を高めるブランディングの意味とは?引き寄せの法則とブランディングの関係とは?

ご相談は簡単3STEP

お問い合わせ
or
直接お申し込み

メールでのやり取り
or
ご面談

ヒアリング
and
ご提案

ブランディングとは

ブランディング支援 MENU

ブランディング実務士Ⓡ資格講座

 ブランディング活動成功の鍵は、実務への落とし込み方にかかっています。そこで、一般社団法人リブランディング協会では、利益に結び付けるための独自ノウハウを加味したリブランディング戦略手法を体系化しました。実務に直結した学習ができるように講座運営をしております。


内容

  • ブランディングの基礎知識(定義・ターゲティング・ポジショニング・ペルソナなど)
  • ビジネスは後出しジャンケン
  • 実験結果から学ぶWEBマーケティングの現実
  • 人間の本音と建て前のつかみ方
  • 新説「リブランディング手法」
  • 事業計画と行動目標でブランド化

ブランディング実務士Ⓡ
ブランディング資格講座

TEL: 03-4405-5388

WEBブランディング・WEB制作

 ブランディングの費用対効果を上げる肝が、ホームページです。SNSやメルマガ、チラシ、営業努力などを行っていたとしても、素人感丸出しのWEBブランディングをしていると、競合他社に契約されてしまいます。なぜなら、御社の見込客様が真剣に検討される際には、同業他社数社のホームページを閲覧するのが一般的だからです。


内容

  • 世の中では、問題を抱えたまま納品されているホームページが無数にあります。無料で診断させて頂きます。
  • 後発からの大手抜きを実現してきた独自開発のワードプレス・テーマによる、自社で育てられるホームページの制作。
  • WEB業界では珍しい、SEOを切り捨てないタイプのランディングページにも対応。
  • ブログ記事制作代行。
  • 社内WEB担当者の育成支援。

WEBブランディング
違いを比べる

TEL: 03-4405-5388

ブランディング会社一覧

 企業ブランディングをする時に発注するブランディング会社の種類はかなり広範です。一般社団法人ならではのお得なスタイルを下の画像にまとめました。

一般社団法人で制作するとお得

リブランディングに必要なブランディング会社といっても、ロゴや名刺などを制作するデザイナーを中心とした会社、WEB制作会社、社員教育会社、セルフブランディング・コンサルタント、印刷業、映像動画制作会社、事業立ち上げ支援・顧問派遣系コンサルティング会社、店舗・事務所の設計・内外装関係企業、販促品・パッケージ販売会社、ユニフォーム制作会社など、実に様々です。

ブランディング会社
一覧をまとめて見る

TEL: 03-4405-5388

ブランディング初回無料相談

お問い合わせはお気軽に

社名*
氏名*
Mail*
TEL*
内容



口コミ評価投票 
⇒ 
満足 不満

満足度:100
(総投票数:人)

TOP