リブランディング
リブランディング | リブランディング 協会

リブランディング

ブランディングの意味・使い方とは何か


リブランディングの意味・定義

リブランディング(英語:rebranding)とは、ブランド再構築、リブランドとも表現され、ブランディングをやり直すことを意味します。

 ブランディングの定義は「刻み込まれる価値を最大化すること」ですから、リブランディングの定義は「常に変化し続ける市場と競合、自社の資源構成を分析し、刻み込まれる価値を最大化できるように、ブランディングを構築し直すこと」と表現できます。


ブランディングのゴール

 注目して頂きたいのは、市場と競合は常に進化し続けるということです。その時点では、ベストに近いブランディングも、月日が経てば問題を抱えてしまいます。そのことから、ブランディングのゴールは、リブランディングへの対応力を組織と個人に浸透させることだと、一般社団法人リブランディング協会は提唱しています。


リブランディング戦略手法

 ブランディング戦略のフレームワークには様々なものがあります。一般社団法人リブランディングでは、今のブランディングを図ると同時に、リブランディング体質も強化していくリブランディング戦略手法をおすすめしています。そして、それを体系的に学べる講座として、ブランディング実務士®資格講座を運営しています。


 一般的には、リブランディング活動は、すでにブランド力がある企業が行うものと捉えられています。しかし、リブランディング協会では、ブランディングに取り組んだことのない企業、独立起業時にもリブランディング戦略手法が必要不可欠だと考えています。むしろ、スタートアップの時にこそ、リブランディング精神が問われるというのが、実務上の現実です。なぜなら、実績がない分、マーケティングリサーチ、商品・サービス内容・料金、プロモーション間のズレを走りながら、PDCAサイクルを短期間で回していくステージだからです。


 企業も個人も存在する限りは、何かしらの印(しるし)を刻み込まれています。そして何より、自身が「自分は□□だ」、「自社は△△だ」という太鼓判やレッテルを自ら強く貼っているはずです。自社(自己)が磨き直すべき強みは何なのか、付き合うべき相手は誰なのか、目指すべき立ち位置がどこなのか、それを見直すべき幅が大きいのは、「新規」が伴う再出発場面なのです。


 また逆に、ブランド力があったり、歴史のある企業様の場合には違う障壁があります。特に、デザインとコピーライティングだけを変更しようとお考えの場合に、注意が必要です。リブランディングを検討なさるタイミングは、市場と競合の変化に対して、自社の何かが合っていない時です。その場合、魅せ方だけではなく、中身の変化も多少なりとも求められているのが常です。


リブランディングの進め方


 ブランディング活動においては、3C分析(Customer:市場・顧客分析、Competitor:競合分析、Company:自社分析)、STP分析(セグメンテーションターゲティングポジショニング)やペルソナマーケティングなどのプロセスを通じ、ブランドコンセプトブランドプロミス、ブランディング行動目標を立てるという流れで、構築していきます。


リブランディングの失敗リスク

 リブランディングの失敗リスクは、どこから生まれるのでしょうか?目が向きやすいのは、市場の把握不足、プロモーション方法の失敗といったアウターブランディングです。しかし、インナーブランディング段階での失敗が根っこにあるケースの方が多いのが現実です。

 ブランディングの知識を得て、一般的なステップ通りに進めたとしても、実務の全プロセスにおいてネックになりがちなのが、リブランディング体質の欠如と貴方が〇〇であるという点です。私達は、そのネックを打ち消すための手法も大切だと考えています。


 別のシーンとしましては、有名企業の不祥事、内部告発事件が象徴的です。ブランド力の恩恵に甘え、ブランディングの本質を忘れてしまうと、ブランド力はマイナスに転落してしまいます。そして、評判が落ちた後に、効果的な戦略としてリブランディングを実施する企業も多いです。事例としては、雪印事件でメグミルクへとロゴやパッケージがリブランディングされました。しかし、消費者側からすると、選ぶ判断基準で大事なのはデザインやネーミングじゃない。あくまでも、このようなケースにおいて、ロゴ変更などは、「変わります宣言」という「のろし」の役割が大きいことは忘れてはいけません。


リブランディングの事例

 元祖サラダチキンの株式会社アマタケ様は「鳥肉の皮を取る」ことで、3年間で400万パックが1100万パックに躍進。糖質制限ダイエットやパーソナルトレーニングブームをいち早く察知し対応したことは、リブランディングの成功事例です。
(関連サイト:リブランディング

ブランディングとは何か

 文中の「リブランディング体質の欠如と貴方が〇〇であるという点」の〇〇には、2文字か3文字を入れることができます。貴方ならどのような単語を入れますか?


ブランディングの使い方|ブランディングの意味とは何か

ブランディング戦略・手法

ブランディングの意味とは何か


ブランディングとは


ブランディングMENU
ブランディングとは

ブランディングの意味とは何か

「ブランディング」の意味・定義・基本的進め方~裏のブランディング手法の使い方・成功事例を専門家が解説。個人・企業のブランディング戦略とは?

ブランディング講座 資格

ブランディング資格講座

基礎から学ぶBasicコース、実践力を磨くブランディング実務士®資格講座。どちらも、ブランディングとWEBマーケティングが両方学べます。

ブランディング会社 一覧 東京

ブランディング会社に依頼する

企業ブランディングを実施する時、関わるブランディング会社の種類は多岐に渡ります。一般社団法人なので、重複するコストや時間を削減できます。

ブランディングコンサルティング

ブランディング相談

ブランディング実務士®有資格者に、御社のブランディングについて面談形式で相談することができます。遠方の方は、Zoomでのご面談も可能です。

インナーブランディング研修

インナーブランディング研修

ブランディング実務士による講師派遣型インナーブランディング研修です。効果は、経営者感覚を身に付ける、主体性向上、チームビルディングなど。

ブランディングセミナー

ブランディングセミナー

日々の努力が報われる。マーケティングの費用対効果、労力対効果を高めるブランディングの意味とは?引き寄せの法則とブランディングの関係とは?

ご相談は簡単3STEP

お問い合わせ
or
直接お申し込み

メールでのやり取り
or
ご面談

ヒアリング
and
ご提案

ブランディングとは

ブランディング支援 MENU

ブランディング実務士Ⓡ資格講座

 ブランディング活動成功の鍵は、実務への落とし込み方にかかっています。そこで、一般社団法人リブランディング協会では、利益に結び付けるための独自ノウハウを加味したリブランディング戦略手法を体系化しました。実務に直結した学習ができるように講座運営をしております。


内容

  • ブランディングの基礎知識(定義・ターゲティング・ポジショニング・ペルソナなど)
  • ビジネスは後出しジャンケン
  • 実験結果から学ぶWEBマーケティングの現実
  • 人間の本音と建て前のつかみ方
  • 新説「リブランディング手法」
  • 事業計画と行動目標でブランド化

ブランディング実務士Ⓡ
ブランディング資格講座

TEL: 03-4405-5388

WEBブランディング・WEB制作

 ブランディングの費用対効果を上げる肝が、ホームページです。SNSやメルマガ、チラシ、営業努力などを行っていたとしても、素人感丸出しのWEBブランディングをしていると、競合他社に契約されてしまいます。なぜなら、御社の見込客様が真剣に検討される際には、同業他社数社のホームページを閲覧するのが一般的だからです。


内容

  • 世の中では、問題を抱えたまま納品されているホームページが無数にあります。無料で診断させて頂きます。
  • 後発からの大手抜きを実現してきた独自開発のワードプレス・テーマによる、自社で育てられるホームページの制作。
  • WEB業界では珍しい、SEOを切り捨てないタイプのランディングページにも対応。
  • ブログ記事制作代行。
  • 社内WEB担当者の育成支援。

WEBブランディング
違いを比べる

TEL: 03-4405-5388

ブランディング会社一覧

 企業ブランディングをする時に発注するブランディング会社の種類はかなり広範です。一般社団法人ならではのお得なスタイルを下の画像にまとめました。

一般社団法人で制作するとお得

リブランディングに必要なブランディング会社といっても、ロゴや名刺などを制作するデザイナーを中心とした会社、WEB制作会社、社員教育会社、セルフブランディング・コンサルタント、印刷業、映像動画制作会社、事業立ち上げ支援・顧問派遣系コンサルティング会社、店舗・事務所の設計・内外装関係企業、販促品・パッケージ販売会社、ユニフォーム制作会社など、実に様々です。

ブランディング会社
一覧をまとめて見る

TEL: 03-4405-5388

ブランディング初回無料相談

お問い合わせはお気軽に

社名*
氏名*
Mail*
TEL*
内容



口コミ評価投票 
⇒ 
満足 不満

満足度:100
(総投票数:人)

TOP