ブランディングとは何か?意味・使い方・定義・手法
ブランディング会社&資格講座

ブランディングとは何か

意味・使い方・定義・手法・戦略・効果

ブランディングとは何か? 動画で解説!


 ブランディングとは何か?基本から裏技までブランディングの使い方は無限!ブランディング実務士®資格講座の運営会社であり、現役の各種ブランディング会社・マーケティング会社が連携した企業ブランディング・個人ブランディングの専門家集団として、実務に役立つブランディング手法・戦略を追及しています。
 この動画の最後に掲載させて頂いたような効果を是非、体験して頂きたいのです。そのような裏?とも言える独自手法は含めず、このサイトでは、ブランディングの基本をわかりやすくご説明させて頂いております。一般社団法人リブランディング協会の理念は「選ばれ続ける喜びをすべての人へ」です。このホームページが、皆様の「ブランディングとは何か?」という疑問の解消と「選ばれ続ける喜び」へ少しでもお役に立てたなら、幸いです。今後も記事の強化をして参りますので、ブランディングを独学している方にも、無料セミナー感覚で除いて頂けたなら嬉しいです。


ブランディングの意味・定義

 ブランディングとは、刻み込まれる価値を最大化することと、ブランディングの意味を一般社団法人リブランディング協会では定義しています。
 正しい定義を理解し、ブランディング活動を強化すれば、たとえ無名な個人・中小企業であっても、飛躍的にマーケティングの効果を高めることができます。

(転載なさる場合は、blockquoteタグで囲み、出展元・リンクの明記をお願いします)


 現在、わかりやすく言えばブランド構築やブランド化とも表現されるブランディングについて、本やインターネット上で、様々な見解の意味付け、定義付けが次のようになされています。

乱立する見解の事例

  • ブランディングデザインそのもの
  • 顧客の気持ちの中に浮かび上がるもの
  • 購買を促す事を意図したブランド構築
  • コーポレートアイデンティティー(CI)こそが大事
  • 意味ある差をイメージしている状態
  • 同種のものと区別する差別化のこと
  • 精神的な構造を創り出すこと
  • 感情移入が伴うサービス
  • 見え方をコントロールすること
  • 認知度を上げること

一般社団法人リブランディング協会

ブランディングとは

ブランディングとは何か?意味・使い方・定義・手法

定義次第で、ブランディングの使い方とマーケティングの効果が変わる

 ブランディングに含まれるが、そこを前面に出して定義付けしてしまうと、片手落ちで失敗しやすいブランディング戦略・手法を誘発してしまう。そのような注意点がある意味付けもあります。

 この片手落ちというものが、ブランディング実務においては、とても陥りやすい罠です。ブランド強化、ブランディング力を高めるためには、正しい定義が必要です。


ブランディング戦略とは

 ブランディング戦略(strategy)とは、ブランド価値を最大化するための方向性です。そして、ブランディング戦術(tactics)とは、そのブランディング戦略を実現するための行動計画であり、更にそのブランディング戦術を遂行する具体策が、ブランディング手法(method)となります。視点でわけるならば、大・中・小、長・中・短という関係性だと捉えれば、わかりやすいかと思います。


ブランディング手法とは

 ブランディング手法とは、ブランド価値を最大化するための具体策ですから、いつでも誰にでも効果的な万能策があるかのように捉えると失敗します。換言すれば、どこかの誰かの成功事例を真似をしても上手くいきません。自社の強み市場環境競合とのポジショニングによって、適切なブランディング手法を組み合わせる必要があります。
 また、市場と競合は常に変化していますので、リブランディング戦略手法を常に念頭に置いておくことが大切です。また、ブランディング戦略を定め、それを実現するためのブランディング手法を決定するという流れが教科書的には正しいのでしょう。しかしながら、ブランディング実務においては、強烈なブランディング手法が先にあり、それを活かせるブランディング戦略を図るということもしばしばあります。更に、各社のブランディング手法には、公表されている表の部分と、公表されない裏側の部分が共存しているもの。そのような観点で、ブランディング手法の事例分析をすると、学びが深くなります。


ブランディング活動の種類

 ブランディング活動の種類をブランディングの使い方・進め方という視点で大別すると、「調べる・決める」、「つくる・魅せる」、「伝える・広める」という3つのプロセスに分類することができます。また、社内向けと社外向けという視点から、ブランディング活動は、インナーブランディングとアウターブランディングという分け方もされます。

 マーケティング戦略の一部分であるブランディング活動は、その1つ1つがとても多岐に渡ります。そのような広範に及ぶ概念を、短い言葉で定義付けする際には、「どこから掘り下げても立ち戻れる原点」になっているかが重要です。偏った解釈は、片寄ったブランディング活動を招き、歪んだ結果を導いてしまいます。だからこそ、定義は重要なのです。

ブランディング活動の種類

ブランディングの使い方・進め方

 ブランディングの使い方・進め方は、ブランディングの定義をどのように解釈しているかで左右されてしまいます。一般社団法人リブランディング協会は、ブランディング実務士®資格講座と並行して、リブランディングの実務を代行するブランディング会社も運営しております。企業ブランディングの進め方の全STEPにおいて、実際に「刻み込まれる価値を最大化する」というブランディングの定義を常に念頭に置き、片手落ちにならない強いブランディングを作るお手伝いをしています。
 まず、ブランディングを進める上で一番最初にすべきことは、ブランディングの定義を正しく理解することなのです。個人事業主・一人社長様以外が次に行うのは、インナーブランディングです。なぜなら、社内に伝わらないブランディングは、社外に伝わるはずがないからです。そして、アウターブランディングを始める前に、自社分析市場調査競合調査をした上で、自社が差別化できる強み、更に磨くべき強みを探します。そこから、先のブランディング活動の種類に出てきた「つくる・魅せる」、「伝える・広める」へという流れで、ブランディング活動を進めます。


ブランディングの語源・事例

 そもそもブランディングの語源は、家畜に焼き印を刻み込む行為にあります。そして、当時の背景をイメージした上で考察すると、現代の企業ブランディングにおいても、ブランディングの意味に込められた原点は、何ら変わっていないと感じます。その当時から、焼き印という“しるし”と同時に、供給者側には所有と〇〇を、消費者側には識別と〇〇という機能を提供していたのです。

 例えば、まず消費者の立場で振り返ってみましょう。我々は日常生活において、実に様々な印(しるし)を刻み込んで生活しています。例えば、Aさんは胡散臭い。商品Bはスペックが類似品より優れている。C社の製品はすぐに壊れる。D社はブラック企業だ。E店は安くて本格的なエステができる。挙げれば切りがありません。 そして、エステが話題になった時、その印をもとに「安くて本格的なエステといえばE店だ」と思い出すのです。
〇〇と〇〇に刻み込まれたブランドであればある程、ターゲットの行動に結び付きます。
 消費者が刻み込む印は、絶対そうだという強い決めつけの時もあれば、無意識で何となく感じる程度というケースもあるでしょう。マイナスのレッテルを貼ることもあれば、プラスの先入観を抱くこともあります。何れにしても、想像以上に多くの印を付けたり、付け替えたりしながら人間は生きています。
 しかし、印を刻み込んだ数とは比べ物にならないほど多く、流れ去った情報が無数にあることを忘れてはいけません。通勤途中で目にした看板、交流会で一度にたくさん名刺交換をしたお相手の商売などがその例です。
 次に、視点をユーザー側から提供側の立場に移します。


ブランディングの基本をわかりやすく
印でブランディングをたとえる

 ブランディングの基本的な意味を印にたとえて、簡単にわかりやすく説明します。現在、見込客や就活生から自社は、どのような印を押されているのでしょうか?

  • 無印
  • 誹謗中傷などの烙印・レッテル
  • 「□□と言えば、断然△△社がいい」という太鼓判

 ブランディングとは、⓵認知を促し、無印状態を脱すると共に、➁マイナスの烙印が押されてしまうことを予防・抑制・改善し、⓷押される太鼓判の数と種類を増やし、ブランド価値が最大になるように高める活動です。

 しかしながら、見込客はもちろんのこと、常連のお客様でさえ、言葉で伝えてくれる部分は極一部に過ぎません。わざわざ、「あなたの会社には××というレッテルを貼っています」などと言ってくれる方は極めて少数派です。

 そのため、ブランディングの質が、自社にどれだけ大きなインパクトを与えているのか気付かず、その戦略・戦術が漠然としている企業がとても多いのが現実です。 ブランディングを怠ったために知らず知らず失ってしまうものについては、ブランディングの意義ブランディングの効果にてご確認下さい。
 また、実際にブランディングを進めていく上では、リブランディング(ブランド再構築)精神が特に重要であり、ブランディングのゴールはリブランディングへの対応力を自己と組織に植え付けることなので、リブランディングのページもおススメです。これまでブランディングをしたことがないという方も、たとえ初めての起業であったとしても、リブランディング戦略手法が、勝負の分かれ目となります。


企業ブランディングを個人にも

 企業ブランディング(Corporate branding)とは、企業が行うブランディング活動を指しますが、決して法人だけのものではありません。個人事業主様は、セルフブランディング(個人ブランディング)、つまり人間一個人をブランディングしなければいけないという先入観があると思います。しかしながら、個人事業主様と同じ仕事をしている法人は多いはずです。一方、株式会社にも一人社長で頑張っておられる方はたくさんおられます。
 つまり、個人事業主が、企業ブランディングに取り組むことは何ら無理な取り組みではないと言えます。先々を想像してみて下さい。セルフブランディングに成功して、法人化し、部下を雇いと自社が発展した際には、すでに社長ブランディングの色が強く定着してしまっています。そのため、企業ブランディングへステップアップするのに苦労してしまうのです。一般社団法人リブランディング協会では、政治家や芸能関係などセルフブランディングに合った職業以外であれば、企業ブランディングの選択をおススメしています。


 その他、ブランディングの意味を細分化し、基本的な意味合いを次の問いかけの下に掲載させて頂いております。どうぞ、問いかけコーナーの下にあるコンテンツもそのまま読み進めて下さい。

問いかけ

 文中の「供給者側には所有と〇〇を、消費者側には識別と〇〇」の2つの〇〇には何が入るでしょうか?
 文中の「〇〇と〇〇に刻み込まれたブランドであればある程、ターゲットの行動に結び付きます。」」の2箇所の〇〇は、漢字2文字ずつ、あるいは漢字1文字ずつで表現することが可能です。貴方ならどのような言葉を入れますか?



ブランディング手法・戦略

ブランディングの意味とは何か

ブランディング強化の相乗効果を高めるとは

ブランディング強化の様々な効果を相乗効果で高める ブランディング強化の相乗効果を高めるためには?ブランド提供価値が高まると、新規獲得力、既存顧客の定着力、価格優位性、採用力強化、社員教育効果、広告コスト削減効果などが強化されます。しかし、ブランディング強化の効果はそれだけではないのです。一石二鳥の相乗効果が大切!


ブランディングとは→ブランディングの使い方 

ブランディング強化の相乗効果を高める

ブランディング 成功事例とは

ストーリーブランディング ブランディングの成功事例をお客様のご迷惑にならない範囲で列挙させて頂きます。ブランディングの成功事例、マーケティングの成功事例を公表することは、クライアント様のライバル会社&その業者を支援することに直結します。そのため、お客様からのありがたいご報告を、業界名付きで、ブランディングの成功事例として挙げさせていただきます。


ブランディングとは→ブランディングの使い方 

ブランディング 成功事例

ブランディングとマーケティングの違いとは

ブランディングとマーケティング ブランディング&マーケティング会社であるリブランディング協会が「ブランディングとマーケティングの違い」について説明しています。ブランディングはマーケティング戦略の1部であり、尚且つ、その他マーケティング活動の効果やスピード、精度を高めます。皆さんの努力やコストを無駄にせず、報われるようにするためにブランド化は重要です。


ブランディングとは→ブランディングの使い方 

ブランディングとマーケティングの違い

ブランディングの意義とは

ブランディングの意義 ブランディングを怠ると、自社の努力がライバル社の利益に変わってしまうという残念な現象が、水面下で日々頻発してしまいます。逆に言えば、ブランド力があれば、競合他社の営業努力、広告宣伝費のお陰様で、自社の利益が拡大するということも度々発生します。また、ブランディングは社会貢献(ブランディングの社会貢献性)にも寄与します。


ブランディングとは→ブランディングの使い方 

ブランディングの意義

ブランディングの対象とは

ブランディングの対象 ブランディングを行う対象は、企業だけではなく、個人(パーソナルブランディング)、商品、サービス、地域(地域ブランディング)、国、イベント、生活スタイルなど、ブランディング要素同様、年々その範囲は拡大しています。その事例とは?


ブランディングとは→ブランディングの使い方 

ブランディングの対象

ブランド構成要素とは

ブランド要素 ブランドを想起させる印(しるし)には様々なものがあります。それらをブランド構成要素と言います。ブランディングの対象と同様、ブランド構成要素も、ロゴマークなどのデザインや色、会社名・商品名といったネーミングから始まり、音、体験や〇〇へとその範囲が広がっています。ブランド構成要素の相乗効果を発揮するために不可欠なものは?


ブランディングとは→ブランディングの使い方 

ブランド構成要素

コーポレート・アイデンティティー(CI)とブランディング・アイデンティティー(BI)とは

ブランドコンセプト ブランド要素の統一性を維持し、ブランドの無形資産としての価値を支える考え方に、コーポレート・アイデンティティ (CI )とブランド・アイデンティティー(BI)というものがあります。似た使われ方をする概念ですが、その違いとは?


ブランディングとは→ブランディングの使い方 

コーポレート・アイデンティティー(CI)とブランディング・アイデンティティー(BI)

ブランディングデザインとは

ブランディングデザイン ブランディングデザインとは何か?その進め方、ブランディングデザインの制作物の例、ブランディングデザインの注意点についてご紹介しています。市場・競合リサーチを考慮し、ブランドコンセプトを具現化する。ブランド価値を最大化するためのブランディングデザインとは?


ブランディングとは→ブランディングの使い方 

ブランディングデザイン

口コミマーケティングとブランディングとは

口コミマーケティングとブランディング ブランディングに成功していたなら、ユーザーが口頭もしくはSNSなどで口コミ評価を発信してくれます。ご紹介は、時に自社の営業マンの言葉よりも強力です。ブランディング活動を怠ることは、せっかくのご紹介者様の善意をも台無しにしてしまうことを意味します。口コミとバズマーケティングには、ブランディングが不可欠だと言えます。


ブランディングとは→ブランディングの使い方 

口コミマーケティングとブランディング

個人ブランディングとは

パーソナルブランディング(ブランディング 個人 人) 個人ブランディングとは?セルフブランディング・コンサルタント系は痛い黒歴史を残すことにも。個人ブランディングをするなら、パーソナルブランディングで強みを高める戦略で!SNS(FACEBOOK・インスタグラム・ツイッター・YOUTUBE)の活用は、WEBブランディングで効果が変わります。


ブランディングとは→ブランディングの使い方 

個人ブランディング

自社の現状分析とブランディングとは

自社の現状分析とブランディング ブランディング活動をどこから始めたら良いかと問われたら、自社と自己の現状分析からスタートされることをお勧めします。コアコンピタンスを戦略的に育む上でも、自社分析は、市場調査と競合調査と共に3C分析として重要です。ターゲティング、セグメンテーション、ポジショニング、ペルソナ分析の精度にも効果を及ぼします。


ブランディングとは→ブランディングの使い方 

自社の現状分析とブランディング

市場調査をブランドに反映するとは

市場調査をブランドに反映する ブランディングに役立つ、外部の市場環境を分析するフレームワークとしては、PEST分析がおススメです。PESTとは、P:Politics(政治)、E:Economy(経済)、S:Society(社会)、T:Technology(技術)をさします。自社を取り巻く環境変化を上記4つに分類して記入します。


ブランディングとは→ブランディングの使い方 

市場調査をブランドに反映する

競合調査・分析とブランディングとは

競合調査・分析とブランディング 競合調査・他社分析について企業研修をさせて頂く時、よく感じることがあります。それは、「目をつぶって後出しジャンケン」をしている社員さんがとても多いということです。競合調査をマーケティングやブランディングに活かしておられる企業においても、その活用方法が「値決め」止まりになっているケースがとても目立ちます。


ブランディングとは→ブランディングの使い方 

競合調査・分析とブランディング

ターゲティング・STP分析とブランディングとは

ターゲティング・STP分析とブランディング ブランドとして「刻み込まれる価値を最大化する」ためには、適切なターゲットを選定する必要があります。そして、より的確なターゲティングを行うためには、最終的に別のSTP分析要素(セグメンテーションとポジショニング)とペルソナを考慮しながら、進めていきます。


ブランディングとは→ブランディングの使い方 

ターゲティング・STP分析とブランディング

セグメンテーション・STP分析とブランディングとは

セグメンテーション・STP分析とブランディング セグメンテーションは、マーケットセグメンテーションとも言われ、市場細分化を意味します。STP分析(セグメンテーション、ターゲティング、ポジショニング)とペルソナマーケティングを行う上で、とても有用なプロセスです。そして、もう一つ、〇〇のきっかけにもつながります。


ブランディングとは→ブランディングの使い方 

セグメンテーション・STP分析とブランディング

ペルソナ分析とブランディングとは

ペルソナ分析とブランディング ペルソナの語源は、古典劇の役者がつけた仮面のことです。また、心理学者ユングは人間の外的側面をペルソナと呼びました。そして、マーケティングの世界では、「架空のユーザーモデル」のことをペルソナと言います。この有名なペルソナ分析ですが、かなりの確率で効果を半減させてしまっている利用例が多いのです。その理由は・・・。


ブランディングとは→ブランディングの使い方 

ペルソナ分析とブランディング

ポジショニング・STP分析とブランディングとは

ポジショニング・STP分析とブランディング ポジショニングは、ブランディング戦略の中心に位置付けされるSTP分析の1つです。STPとは、S:セグメンテーション、T:ターゲティング、P:ポジショニングを意味します。この記事では、ポジショニングの意味、進め方、注意点を解説しています。片手落ちにならないポジショニングとは?


ブランディングとは→ブランディングの使い方 

ポジショニング・STP分析とブランディング

ブランドコンセプトとは

ブランドコンセプト ブランドコンセプトの「コンセプト」とは、全体を貫く考え方、概念を意味します。更に、語源から紐解きますと、「概念を共にとらえる」という要素が含まれてきます。そうです。独り善がりになってはいけないのが、ブランドコンセプトです。ペルソナを実在する人物だと想像して、相手に選んで頂けるブランドコンセプトを決めましょう。


ブランディングとは→ブランディングの使い方 

ブランドコンセプト

ブランドプロミスとは

ブランドプロミス ブランドプロミスとは、そのブランドが暗示的あるいは明示的に示した約束のこと。キラキラ系パーソナルブランディングや誇大なプロモーションはブランディングに失敗している。その理由とは?食品偽装や燃費偽装、バイトテロ。ブランドプロミスを犯した時のペナルティーは大きい。ブランド力を高めるのには時間がかかるが、信用の崩壊は速い。


ブランディングとは→ブランディングの使い方 

ブランドプロミス

リブランディング戦略手法がブランディングのゴールとは

リブランディング リブランディング(英語:rebranding)とは、ブランド再構築、リブランドとも表現され、ブランディングをやり直すことを意味します。リブランディング協会では、ブランディング活動のゴールは、リブランディングへの対応力を自己と組織に植え付けることだという独自の価値観を持っています。その理由とは?


ブランディングとは→ブランディングの使い方 

リブランディング戦略手法がブランディングのゴール

ブランディングMENU
ブランディング 意味 とは

ブランディングの意味とは

「ブランディングとは刻み込まれる価値を最大化すること」という定義が、ブランディング活動を強化し、ブランド価値を高める。その理由とは?

ブランディング実務士®資格講座

ブランディング資格講座

基礎から学ぶBasicコース、実践力を磨くブランディング実務士®資格講座。どちらも、ブランディングとWEBマーケティングが両方学べます。

ブランディング会社に依頼する

ブランディング会社に依頼する

企業ブランディングを実施する時、関わるブランディング会社の種類は多岐に渡ります。一般社団法人なので、重複するコストや時間を削減できます。

ブランディング相談

ブランディング相談

ブランディング実務士®有資格者に、御社のブランディングについて面談形式で相談することができます。遠方の方は、Zoomでのご面談も可能です。

インナーブランディング研修

インナーブランディング研修

ブランディング実務士による講師派遣型インナーブランディング研修です。効果は、経営者感覚を身に付ける、主体性向上、チームビルディングなど。

ブランディングセミナー

ブランディングセミナー

日々の努力が報われる。マーケティングの費用対効果、労力対効果を高めるブランディングの意味とは?引き寄せの法則とブランディングの関係とは?

ご相談は簡単3STEP

お問い合わせ
or
直接お申し込み

メールでのやり取り
or
ご面談

ヒアリング
and
ご提案

ブランディングとは

ブランディング支援 MENU

ブランディング実務士Ⓡ資格講座

 ブランディング活動成功の鍵は、実務への落とし込み方にかかっています。そこで、一般社団法人リブランディング協会では、利益に結び付けるための独自ノウハウを加味したリブランディング戦略手法を体系化しました。実務に直結した学習ができるように講座運営をしております。


内容

  • ブランディングの基礎知識(定義・ターゲティング・ポジショニング・ペルソナなど)
  • ビジネスは後出しジャンケン
  • 実験結果から学ぶWEBマーケティングの現実
  • 人間の本音と建て前のつかみ方
  • 新説「リブランディング手法」
  • 事業計画と行動目標でブランド化

ブランディング実務士Ⓡ
ブランディング資格講座

TEL: 03-4405-5388

WEBブランディング・WEB制作

 ブランディングの費用対効果を上げる肝が、ホームページです。SNSやメルマガ、チラシ、営業努力などを行っていたとしても、素人感丸出しのWEBブランディングをしていると、競合他社に契約されてしまいます。なぜなら、御社の見込客様が真剣に検討される際には、同業他社数社のホームページを閲覧するのが一般的だからです。


内容

  • 世の中では、問題を抱えたまま納品されているホームページが無数にあります。無料で診断させて頂きます。
  • 後発からの大手抜きを実現してきた独自開発のワードプレス・テーマによる、自社で育てられるホームページの制作。
  • WEB業界では珍しい、SEOを切り捨てないタイプのランディングページにも対応。
  • ブログ記事制作代行。
  • 社内WEB担当者の育成支援。

WEBブランディング
違いを比べる

TEL: 03-4405-5388

ブランディング会社一覧

 企業ブランディングをする時に発注するブランディング会社の種類はかなり広範です。一般社団法人ならではのお得なスタイルを下の画像にまとめました。

一般社団法人で制作するとお得

リブランディングに必要なブランディング会社といっても、ロゴや名刺などを制作するデザイナーを中心とした会社、WEB制作会社、社員教育会社、セルフブランディング・コンサルタント、印刷業、映像動画制作会社、事業立ち上げ支援・顧問派遣系コンサルティング会社、店舗・事務所の設計・内外装関係企業、販促品・パッケージ販売会社、ユニフォーム制作会社など、実に様々です。

ブランディング会社
一覧をまとめて見る

TEL: 03-4405-5388

ブランディング初回無料相談

お問い合わせはお気軽に

社名*
氏名*
Mail*
TEL*
内容



口コミ評価投票 
⇒ 
満足 不満

満足度:100
(総投票数:人)

TOP